中国オフショア開発の成功確率(第025号)2006年01月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ 中国オフショア開発最前線−中国ソフトウェア産業の実像に迫る!
■■    中国オフショア開発の成功確率    
■                     第025号 2006年01月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■はじめに

──────────────────────────────────

本メルマガを初めて読んで頂く皆さん!
はじめまして!
このたびは、数あるメルマガの中から本メルマガを
選んで頂き、心より感謝致します!

バックナンバーは、こちらより創刊号からすべて
ご覧頂けます!ぜひご利用ください!

前号に引き続き、このメルマガを読んで頂いている
皆さん!また、お会いできてとても嬉しいです!

このメルマガでは、中国オフショア開発
中国SI市場中国ソリューションビジネス等に関する
リアルな情報について、上海現地からお届けしています。

オフショア開発って、いったい何だ?
という方はこちらを参考にしてください!
http://www.jp-snic.com/offshore-development.html

◆バックナンバーはこちらで全てご覧頂けます。
http://www.jp-snic.com/backnumber-top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 中国オフショア開発の成功確率
■           
──────────────────────────────────

 さて、今回も前回に関連して、中国オフショア
開発の成功確率について、お話したいと思います。

 前回のメルマガ第024号
「中国オフショア開発って、そんなに失敗確率が高いんですか?」
(オフショア開発に携わっている方々の本音トーク)
は、いかがでしたか?

 何かと忙しい年末の発行でしたので、まだ読まれて
いない方が多いかもしれませんネ!
  こちらからどうぞ!

──────────────────────────────────
  ■中国オフショア開発の一般的イメージ
──────────────────────────────────

 先日、初めてお会いしたAさんとの会話です。

私:

「初めまして!」

 〜中略〜

「私どもは、中国オフショア開発のサポートや○○○、
○○○のサポートを行っています。」

Aさん:

「中国オフショア開発のサポートですか?」

 〜中略〜

「で、料金とかはどうしてるんですか?」

私:

「いろいろありますが、基本は成功報酬制です。」

Aさん:(ちょっと驚かれて!)

「えっ!成功報酬制ですか?」 
「ビジネス的に成り立つんですか?」

私:
「んっ???」

 

 さて、これ、どういう意味でしょう?

 
  そうです!

 つまり、Aさんの頭の中では、下記のロジックが
走ったのだと推測します!

 1)中国オフショア開発の成功確率は低い!

      ↓          

 2)成功報酬はもらえない!

      ↓

 3)ビジネスは成り立たない!
 
  です。

 一般的に、やっぱり、「中国オフショア開発の
成功確率は低い」というイメージが定着して
しまっているのだな?と改めて痛感しました。

 残念!!!

 しかし、実際はどうなんでしょう?  

 私が率直に思うこと!

 それは、「中国には、日本語対応力(100%日本語で
開発可能)や管理力、技術力は、もちろんのこと、
日本的ビジネス感覚に優れた有力なソフトベンダが
多く存在する」です。

 しかし、どんなパートナーであっても、仕事を丸投げ
してしまうと、成功確率は低くなります。

 パートナーさんによっても得手不得手もあるでしょう。

 
  残念ながら、全体の中国オフショア開発の成功確率
の統計的な数値は、ありませんが、やり方次第で、
その数値は大きく左右されると思います。

 案件ごと、分野ごとに最適なパートナーさんを選定
(現地法人の場合は育成指導・体制強化)して、

 発注者として、やるべきことをしっかりやり、

 相互理解、コミュニケーションを重視し、

 受発注者が同じ仲間として一緒に協力しあって、
開発業務を進めていくことができれば、

 高い確率で成功を手中に収めることができると
私は思います。

 

──────────────────────────────────
■   特別公開(無料)レポート進呈中!

  下記のレポート(無料)を公開中です。
   中国オフショア開発の成功へのヒントが満載

  少しでも皆様の中国オフショア開発成功への
  ヒントになれば幸いです。
 
   下記URLをクリックしてください!
   https://asiagate.jp/qforms/report_input

 
  ●中国オフショア開発の成功ポイント
   
   中国オフショア開発のプロジェクトを成功裏に
  収めるためポイントを集大成!

 ●中国オフショア開発Q&A集

  中国オフショア開発に関するQ&A50問50答です。


──────────────────────────────────

◆mixi「中国オフショア開発交流会」コミュニティー

http://mixi.jp/view_community.pl?id=541732

良かったら、こちらでも情報交換しましょう!

◆mixi「AsiaGATE(アジアゲイト)交流会」コミュニティー

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4114144

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■編集後記 
■   百聞は一見に如かず!見ると聞くとでは大違い!
──────────────────────────────────

 さて、皆さんにとって、中国オフショア開発のイメージ
はどのようなものでしょうか?

 「一度、中国を見てみたい!」という方、いらっしゃい
ませんか?

 来る2月22日から上海3泊4日で、
「上海オフショア開発視察ツアー冬の陣」と題し、
本格的な中国視察ツアーを開催します。

 過去、ご参加頂いた方々の90%以上の方々からは、

「想像していたよりもかなり良かった!」

「これなら私たちも中国オフショア開発ができそうだ!」

「しっかりしていて、逆にいろいろと教えてもらいたい!」

「この視察ツアーの存在をもっと早く知っていたら、
○年前のプロジェクトも失敗せずに済んだと思う!」

 等々のご感想、コメントを頂き、確かな手応えを感じて
頂けました。 実は結構自信あります(笑)!
   
  百聞は一見に如かず!
  見ると聞くとでは大違いです!

 

  最後までお付き合い頂き、有難うございました。

  本メルマガは、皆様からの声を大切に
  運営していきたいと思います。
   どしどしご意見、ご感想をお寄せください!

 異論、反論、疑問、難問、あるいは中国オフショア
  開発に関するお問い合わせ等々、大歓迎です!
 http://www.jp-snic.com/qforms/contact.html

  では、また次回のメルマガでお会いしましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行者:SNIコンサルタンシー(上海聶欣信息諮詢有限公司)
        総経理(代表) 末富昌幸

◆運営サイト:
    ▼日本とアジアをつなぐBtoBビジネスマッチングサイト
     「AsiaGATE(アジアゲイト)
        https://asiagate.jp

   ▼中国オフショア開発/中国ビジネスサポートサイト
        http://www.jp-snic.com

   ▼中国(上海)ビジネスサポートサイト
       http://snicon.com/index.html  
        
    ▼ブログ「中国オフショア開発最前線
        http://offshore-solution.seesaa.net/

   ▼ブログ「上海起業ストーリー
        http://shgstory.seesaa.net/

◆連載コラム:
    ▼中国オフショア開発・中国ITの最新動向(サーチナ)
        http://www.jp-snic.com/column.html
         サーチナにて、コラム連載中!

◆姉妹メルマガ
    ▼中国国内向けIT技術者派遣(SES)人材情報
        http://www.snicon.com/ses.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆メルマガ中国オフショア開発最前線 ご購読・解除案内
   http://www.jp-snic.com/mail-magazin.html

  本メルマガを社内、パートナーさんへ、ぜひぜひご紹介
  ください!転送、回覧は大歓迎です!
  なお、転載、部分引用の場合、出所の明記(メルマガ名、
  URL(下記))も宜しくお願いします!

  本メルマガの購読登録、解除は下記からお願いします!
   http://www.jp-snic.com/mail-magazin.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問合せお問合せ、見積依頼、各種ご相談はこちらからお気軽に!