中国ソフト会社の人材定着率

 一般的に中国ソフトウェア企業の人材定着率 は低いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

 確かに若手技術者は、自分のキャリアアップのため、流動率が高い傾向にあります。中には給料次第で会社を転々とする技術者もいるのも事実です。しかし、本当に優秀な技術者は、目前の給与のみで判断し、転職することはなく、将来の自分のキャリアアップ、目標等がその会社にいて実現できるかどうか等を重視するのではないかと思います。 なお、最近は、経済環境の悪化で定着率は安定化傾向にあります。

 一般的に順調に発展、成長している企業の人材定着率は85〜95%と言われています。この数字が定かな数字かどうかわかりませんが、若いうちはともかく、ある程度の年齢になり、それなりの責任あるポジション(リーダークラス等)に就くと、比較的、安定的に定着する技術者が多い傾向にあります。

 では、中国に進出してきている日系企業と中国国内企業を比べるとどうでしょうか?

 あくまで一般的傾向ですが、日系企業は人材定着率が低い傾向にあります。全ての日系企業がそうということではありません。

 日系企業は、一般的に給与水準も高く、OJD等も含め、人材育成に力を入れている企業が多いのは確かです。にも係わらず、人材の定着率が高くないというのはなぜなのでしょうか?

 中国では給与さえ相場よりも高く設定しておけば、優秀な人材を確保、定着させることができると思われがちですが、必ずしも給与だけが問題ではないのではないかと感じつつあります。

 定かではありませんが、おそらく日本的マネジメント方式を押し付けすぎていたり、将来の夢、将来の待遇の可能性であったり、日本特有の稟議制度、社員に与えられる権限の範囲等、様々な原因が考えられます。

お問合せお問合せ、見積依頼、各種ご相談はこちらからお気軽に!