中国オフショア開発の成功確率

  一般的にオフショア開発の失敗事例ばかりがクローズアップされ、「オフショア開発はリスクが高く、成功確率が低い」というマイナスイメージが先行しています。これにより、興味はあるもの、オフショア開発にいま一歩踏み出せずにいる日本企業も多いことと思います。

 しかし、実態はどうなのでしょうか?
  確かに失敗事例もありますが、実は、それ以上に成功事例が多いのです。中国オフショア開発を事業戦略のひとつに位置づけ、常時、複数のパートナーと取引し、毎回、当然のごとくプロジェクトを成功させている企業も少なくありません。

 15年前の中国では、会社規模30名前後の企業がほとんどでした。しかし、今では、日本向けの仕事を行っている企業は、非常に多くなり、企業規模も100人前後、数百人、中には1000人以上の集団(グループ)にまで発展、成長している企業 も少なくありません。また、既に株式市場への上場も達成している企業も存在します。

 ご承知の通り、ソフトウェア企業にとって、プロジェクトの失敗は、大きな損失です。一度、失敗してしまったプロジェクトのお客様から リピートオーダーを受注できる確率は、限りなくゼロに近いと言って良いでしょう。また、他のお客様からの受注にも影響が出るでしょう。

 したがって、客観的に考えて、このような発展著しい企業群が過去、プロジェクトの失敗をし続けたとは考えにくいです。過去15年間、中国のソフトウェア企業は、著しく成長し、現在に至っている状況を考えると、個々のプロジェクトの成功を積み重ねてきた結果であると考えられます。 

 中国オフショア開発の成功確率を数字で示すのは難しいですが、少なくとも、決して成功確率が低いとは言え ません。最適な発注先パートナーを選定し、基本に忠実にプロジェクトを遂行すれば、成功確率は限りなく100%に近づきます

こちらのサービスも是非ご利用ください!→ オフショア開発パートナー選定支援無料

<関連記事>メルマガ「中国オフショア開発最前線」
     第024号( 中国オフショア開発って、そんなに難しいんですか?
     第025号( 中国オフショア開発の成功確率

お問合せお問合せ、見積依頼、各種ご相談はこちらからお気軽に!